ドクターインタビュー みやけ内科クリニック

メディカルプラスTOP > ドクターインタビュー > たなかペインクリニック
ドクターインタビュー

たなかペイン
クリニック

ニッケパークタウン
クリニックモール加古川

たなかペインクリニック 
2016年5月開院

田中 孝憲先生

商業施設との連携で広い駐車場を確保
来院の利便性が高いのも魅力です

たなかペインクリニック
院長 田中孝憲
開業に至った経緯をお聞かせください
勤務医として、ペインクリニック外来や入院患者さんの疼痛管理に注力してきた中で、「痛み」がどれほど患者さんの生活の質を低下させるか、痛みを除去・緩和することで患者さんがどれほど喜ばれるかを身をもって経験してきました。その経験をもとに、より地域に密着し、一人ひとりの患者さんと細やかに向き合っていきたいと思ったのが、開業の動機です。
「ニッケパークタウン クリニックモール加古川」での開業を決めた理由は何だったのでしょう?
もともと加古川周辺で物件を探していたのですが、加古川中央市民病院や大型ショッピングモールと近接しているなど、立地条件が非常に良いのが魅力でしたね。また、ニッケパークタウンとの連携により、広い駐車場が利用できるので、車で来院する患者さんにとって利便性が高いところも大きなポイントでした。
開業後の感想をお聞かせください
あまりメジャーな科目ではないので、最初は知名度を高めるのに結構苦労しましたが、加古川中央市民病院という大きな病院への通り道にあるので、その点は有利だったと思います。現在は近隣の整形外科や皮膚科、外科などのクリニックからのご紹介や、加古川中央市民病院、加古川医療センター、甲南加古川病院といった大病院からの逆紹介もいただき、おかげさまで患者さんの数も随分と増加しました。
モール内での他科との連携はいかがでしょう?
口腔外科の患者さんの場合、抜歯後の神経損傷で連携することが多いですね。また、当院に受診している患者さんの中には高血圧や糖尿病の患者さんもいらっしゃるので、専門である内科との協力が必要になることもよくあります。こういった場合、階を移動するだけで受診できるので、患者さんにとっても負担が少なくて喜ばれています。
どのような形で地域医療に貢献していこうとお考えですか?
ペインクリニックには、痛みの原因がわからないまま、色々な科やクリニックを訪ねたあげく、たどり着かれる患者さんが結構いらっしゃいます。それぞれの医療機関での対応に対する不満や苦痛を耳にすることも少なくないので、当院では一人ひとりの患者さんの心に寄り添い、少しでも早く苦痛・苦悩を取り除き、笑顔を取り戻していただけるように心がけています。車椅子で来院されたのに治療後は元気に歩いて帰られる方もいらっしゃいますし、痛みのせいで鬱傾向だった患者さんが晴れやかな笑顔を取り戻されたり、1か所の痛みが取れることで全身症状が改善したといった症例をたくさん見てきました。どんなに困難な症状でも、決してあきらめず、最後までおつき合いさせてもらう覚悟で、今後も治療にあたっていくつもりです。
医療モールで開業を考えているドクターにアドバイスをお願いします
医療モールには相互関係の利便性があります。他科との連携で治療にあたることを考えているのであれば、紹介もされやすく、こちらからもしやすいので、有用だと思いますね。集患という観点でも有利だといえるでしょう。当モールにも、整形外科や皮膚科が入居すれば、さらに充実した医療連携が実現できると考えています。

開業物件情報
会員登録

ページトップへ